INGERSOLL

ブランド紹介

1892年、アメリカ・ニューヨークのロバート、チャールズ=インガーソル兄弟が設立したingersoll watch companyは、アメリカ初の時計製造会社のうち一つとして当時、伝統的な手作業によって少量生産して高価で売る少量生産システムを破り、ヘンリーフォードの大量生産システムを適用して時計の大量生産時代を開き、アメリカだけでなく世界的に大きな成功を収めました。

1896年から生産を始めたヤンキー時計またはドルウォッチと呼ばれるインガーソル'ポケット時計'は当時、実際に1ドルで販売されてアメリカおよび欧州各国で4000万個以上の驚異的な販売を成し、アメリカの時計を代表する時計ブランドとなりました。

アメリカの26代大統領ルーズベルトはアフリカ旅行中に自らを"インガーソル時計が生産される国から来た人"と紹介をしており、このほかにも小説家マーク・トウェイン、発明家トーマス・エジソンなどもインガーソル時計を愛用しました。

1935年インガーソルは、ミッキーマウスのキャラクターをインガーソルの時計に取り入れて、人類史上初めてキャラクター時計を誕生させました。

以降、マハトマ・ガンジー、マリリン・モンロー、ジェームズ・ディーンなど全世界の有名人に愛されたインガーソルは1944年WATERBURY CLOCK COMPANYによって買収され、この会社はTIMEX GROUP USA、INC.として発展します。

1989年インガーソルは、イギリスのメディアグループであるHERALD GROUPの一員であるイギリス最大の時計会社であるZEON LTD.に買収されて現在に至ります。
良質の機械式時計を最も合理的で大衆的な価格で供給するというインガーソルの精神は今も続いており、全世界人にたくさんの愛を受けています。

Anonymous MY新羅

会員ランク

  • オフラインbronze
  • オンラインs1
  • ポイント

ご註文可能時間 通知メッセージ

為替レート

  • ₩1227.8
  • ¥107.54

為替レート計算

  • $USD
  • $KRW
  • ¥JPY

最近見た商品 全て選択

選択商品0

すぐ購入 買い物カゴ

買い物カゴ もっと見る

合計
  • $
  • 約 ¥
選択商品0

削除 すぐ購入

免税品購入の注意事項

  • 購入限度額と免税限度
    - 韓国人:韓国から出国の際、韓国人の購入限度額は1人当たり$ 3,000です。(韓国ブランドを含まず)。
    - 韓国から出国する外国人に対して購入限度はありません。
  • 免税品を韓国に持って来た
    - 韓国へ入国すの際、旅行の免税品許容限度を超えている場合には、必ず税関に自主申告してから税金を支払う必要があります。
    - 自主申告していない場合、加算税が賦課されたり、関税法に基づいて処罰を受けることがあります。
    - 韓・外国人:免税品を持ち運んで韓国へ入国の際、免税品購入の総金額は最大$ 600です。
  • 免税店で買った品物を交換、返金する時
    - 海外から直接の国際郵便で交換払い戻しを要求することができ、旅行者が$600以上の免税品を直接携帯入国する場合には、関連の法令に基づいて入国の時に必ず本人が税関に携帯品を申告して留め置いた場合にのみ、交換・返金が可能します。
  • 免税範囲を超える物品の予想額照会案内
    - 免税範囲の超えた物品を韓国へお持ち込み時、予想税額は関税庁のホームページ(www.customs.go.kr)私の "携行品予想税額照会」で確認できます。
    *予想税額=(物品の価格(取得価格) - $600差し引く)x 関連税率 主要品物別の税率例示
    (合計 課税価格$1,000基準)
    - $1,000以下:20%
    - $1,000以上:バッグ20%、化粧品20%(香水35%)、衣類25%(毛皮衣類30%)、ゴルフクラブ20%、ウイスキー156%、ブランデー147%、ワイン68%など