パコラバンヌ(香水)

ブランド紹介
1966年にパコラバンヌは「現代の素材で作られた12着の着用することができないドレス」というタイトルで挑発的な宣言をし、彼の最初のコレクションを披露しました。そのドレスはスパンコールとプラークで飾りつけられていました。パコラバンヌは21世紀が間近に迫った頃、デザイナーが取るべき概念の転換を先立って試み、ファッションを考え出して披露する過程に疑問を投げかける彼の任務から決して緩くならなかったです。 1969年にパコラバンヌは彼の最初の女性用香水のCalandreを発売することで、香水業界で革命を起こしました。その後、パコラバンヌPour Hommeと、その他、多数の国際的な成功を収め、最近に成し遂げた成功は、2008年の1 Millionと、2010年のLady Millionです。 2013年に新たな章として現実と神話の対比に基づくINVICTUSが開始されました。現在パコラバンヌは、また他のプロジェクトに力を入れています。彼のストーリーは始まったばかりです。

Anonymous MY新羅

会員ランク

  • オフラインbronze
  • オンラインs1
  • ポイント

ご註文可能時間 通知メッセージ

為替レート

  • ₩1142.2
  • ¥105.46

為替レート計算

  • $USD
  • $KRW
  • ¥JPY

最近見た商品 全て選択

選択商品0

すぐ購入 買い物カゴ

買い物カゴ もっと見る

合計
  • $
  • 約 ¥
選択商品0

削除 すぐ購入

免税品購入の注意事項

  • 購入限度額と免税限度
    - 韓国人:韓国から出国の際、韓国人の購入限度額は1人当たり$ 3,000です。(韓国ブランドを含まず)。
    - 韓国から出国する外国人に対して購入限度はありません。
  • 免税品を韓国に持って来た
    - 韓国へ入国すの際、旅行の免税品許容限度を超えている場合には、必ず税関に自主申告してから税金を支払う必要があります。
    - 自主申告していない場合、加算税が賦課されたり、関税法に基づいて処罰を受けることがあります。
    - 韓・外国人:免税品を持ち運んで韓国へ入国の際、免税品購入の総金額は最大$ 600です。
  • 免税店で買った品物を交換、返金する時
    - 海外から直接の国際郵便で交換払い戻しを要求することができ、旅行者が$600以上の免税品を直接携帯入国する場合には、関連の法令に基づいて入国の時に必ず本人が税関に携帯品を申告して留め置いた場合にのみ、交換・返金が可能します。
  • 免税範囲を超える物品の予想額照会案内
    - 免税範囲の超えた物品を韓国へお持ち込み時、予想税額は関税庁のホームページ(www.customs.go.kr)私の "携行品予想税額照会」で確認できます。
    *予想税額=(物品の価格(取得価格) - $600差し引く)x 関連税率 主要品物別の税率例示
    (合計 課税価格$1,000基準)
    - $1,000以下:20%
    - $1,000以上:バッグ20%、化粧品20%(香水35%)、衣類25%(毛皮衣類30%)、ゴルフクラブ20%、ウイスキー156%、ブランデー147%、ワイン68%など