YANKEE CANDLE

ブランド紹介

小さいが美しい開始

ヤンキーキャンドルの設立者のマイク・キトリジ(Mike kitlredge)は彼の年齢17歳の時の1969年に米北東部メサチュセス州にある小さな農村にあるディアフィールド(Deerfield)の両親の家の地下室で初めて香燭を作りました。

お母さんに上げるプレゼントを買う余裕がないために使い捨てた牛乳パックを利用して香燭2個を作り上げ、マイクが香燭を作るという事実を知った近所の人たちは、マイクが作った蝋燭を買いたがっていたそうです。 マイクは彼が作った蝋燭を近所の人たちが買いたがっているという事実を最初は信じられませんでしたが、二つの蝋燭を作り、一つはお母さんにプレゼントし、もう一つは隣人に売りました。

このストーリーがヤンキーキャンドル(YANKEE CANDLE COMPANY)の哀れながらも美しい始まりでした。

その後マイクの小さな始まりは家内手工業につながり、楽しい心掛けで最上の香燭を製造するという信念を持つようになりました。

彼の信念と香燭に対する情熱を支持する人たちが集まって事業が次第に拡張されて行きました。 草創期の彼の事業が危機に直面したとき、最上の香燭を製造するという信念が揺れるところでしたが、最後まであきらめず、今でも最上の製品を製造するという企業哲学を盛り込んで、初志一貫した姿勢でヤンキーキャンドルを生産しています。

創業者のマイクは子供たちの想像の中にある美しい香りを現実として作り出した真の香燭愛好家です。

少年マイクの惨めな始まりから世界的ブランド品の香燭ブランドを生み出した成功神話は、アメリカンドリームの典型的な成功事例と認められています。

Anonymous MY新羅

会員ランク

  • オフラインbronze
  • オンラインs1
  • ポイント

ご註文可能時間 通知メッセージ

為替レート

  • ₩1134.6
  • ¥104.71

為替レート計算

  • $USD
  • $KRW
  • ¥JPY

最近見た商品 全て選択

選択商品0

すぐ購入 買い物カゴ

買い物カゴ もっと見る

合計
  • $
  • 約 ¥
選択商品0

削除 すぐ購入

免税品購入の注意事項

  • 購入限度額と免税限度
    - 韓国人:韓国から出国の際、韓国人の購入限度額は1人当たり$ 3,000です。(韓国ブランドを含まず)。
    - 韓国から出国する外国人に対して購入限度はありません。
  • 免税品を韓国に持って来た
    - 韓国へ入国すの際、旅行の免税品許容限度を超えている場合には、必ず税関に自主申告してから税金を支払う必要があります。
    - 自主申告していない場合、加算税が賦課されたり、関税法に基づいて処罰を受けることがあります。
    - 韓・外国人:免税品を持ち運んで韓国へ入国の際、免税品購入の総金額は最大$ 600です。
  • 免税店で買った品物を交換、返金する時
    - 海外から直接の国際郵便で交換払い戻しを要求することができ、旅行者が$600以上の免税品を直接携帯入国する場合には、関連の法令に基づいて入国の時に必ず本人が税関に携帯品を申告して留め置いた場合にのみ、交換・返金が可能します。
  • 免税範囲を超える物品の予想額照会案内
    - 免税範囲の超えた物品を韓国へお持ち込み時、予想税額は関税庁のホームページ(www.customs.go.kr)私の "携行品予想税額照会」で確認できます。
    *予想税額=(物品の価格(取得価格) - $600差し引く)x 関連税率 主要品物別の税率例示
    (合計 課税価格$1,000基準)
    - $1,000以下:20%
    - $1,000以上:バッグ20%、化粧品20%(香水35%)、衣類25%(毛皮衣類30%)、ゴルフクラブ20%、ウイスキー156%、ブランデー147%、ワイン68%など